接待用お店探しのための食べ歩きその3:河内長野市市町にある「中国料理 鴛鴦(えんおう)」でのランチ

改めましてこんばんは。


はー

ここんところオリンピック盛り上がってますね!


私は個人的に、特定の選手のみを盛り上げすぎる民放の放送は好きではなく、「へーこんな競技があるんだ」っていろんな競技をチラチラ見ている程度なんですが、

冬の競技っていろいろありますね!スノーボードクロス激しい!
あとカーリングって、ビリヤードっぽくありませんか?団体でやるビリヤードみたいな…。



今回のお店のご紹介。



では、シリーズでお送りしていますこちら、


「接待用お店探しのための食べ歩き」



最終回は、大阪府河内長野市市町にある、「中国料理 鴛鴦(えんおう)」さんです。


過去の記事はこちら
接待用お店探しのための食べ歩きその1:ビッグジョー富田林店
接待用お店探しのための食べ歩きその2:富田林市廿山にある「川田屋」



公式サイトらしきものが見当たらないので、とりあえず食べログサイトを貼っておきます。

中国料理 鴛鴦  食べログサイト



さて、こちらのお店ですが、こちらも前回記載の川田屋同様、河内長野に引っ越して来たときから目についていたお店で、

まあ何せ、私がまず、チェーン店より個人店が好きなんですよね。
こう、そこにしかないものが存分に味わえるし、作り手の顔が見えるやん。

で、初めて見たときは、パッと見どういうお店か良く分からなかったけど、
家に帰って検索して、「へ〜中国料理のお店なんや〜。いつか行ってみたいなあ」と思っていたのです。

でも、個人店でなんか入りにくいということ、予約で埋まりがちなお店らしいこと、加えて、うちは「中国料理 鴛鴦」さんより南側にあり、お店に行こうとすると分離帯のせいで回り道をしないと行けないこと、

このあたりからなかなか足が向かなかったのね。

しかし今回、父親の接待のための店探しということで、「この機会に行かずしていつ行く!」となり、訪問する流れとなりました。



食べに行くまでの流れ。



まず、予約おすすめの人気店と聞いていたのでドキドキしながら電話をしてみましたが、問題なく日曜の昼に予約できました。(2人で少人数なのもあるかな)

まあ電話の前にある程度メニューは下調べしていたんだけど、電話に出てくれたシェフらしき方に聞いてみると、中価格帯の税込1,600円のコースがおすすめだというので、そちらを予約。

電話の感じでは対応も悪くない雰囲気です。


ちなみに、事前にお店の前まで行って、こっそり?撮影して来たメニューがこちら

ランチメニュー

これがランチで

ディナーメニュー

これがディナー。

ふむ、今まで見た中では一番お手頃な価格帯かもしれません。ディナーの「シェフおすすめコース」でも4,000円だもんね。



食事内容。



今回は2人共、税込1,600円のランチコースで、

選べるお料理は
・エビのチリソース
・ホタテの炒め物
・酢豚

から「ホタテの炒め物」と「酢豚」を選んでいます。



サラダ

サラダ
おいしいですね。エビを触ると手が汚れますけど…

テーブル

テーブルの雰囲気はこんな感じ。お水をピッチャーごと置いてくれてるのは助かります。

スープ

本日のスープ
豆腐とエビときのこでしたっけ?おいしい。

揚げ物

揚げ物。エビのすり身パンと大根餅でしたっけ?美味しいです。

たれ

揚げ物についてくるタレ
左が大根餅、右がエビすり身用。左のタレは別にいらないかな?

帆立

選べるお料理1:ホタテの炒め物。

酢豚

選べるお料理2:酢豚
どうでもいいけど旦那は酢豚大好き。ごめんね、そういう二度手間な料理なかなか作らなくて(汗)

蒸し物

蒸し物。牛肉のシュウマイとエビ餃子。おいしい。

辛子

蒸し物にお好みでつける辛子。

チャーハン

チャーハン。お腹がそろそろいっぱいだけど、美味しいからまだ食べれるよ!

デザート

菓子・デザート&中国茶。
胡麻団子と杏仁豆腐ね。最後まで抜かりなくおいしい。



細かい感想。



いや〜

おいしい!!


ここはですね、なんとなく勝手にイメージする「中華」の味より、全体的にワンランク上の味です。
その分めっちゃコストパフォーマンスの良さを感じるなあ…。


では、細かく見て行きます。


味:

いや、美味しいです。
どの品もそれぞれ美味しく、食べ進むにつれて「ああ、次の料理も当然美味しいんだろうなあ…」と思うようになって来ます。で、その通りおいしいので、最後には「ああ、もうコース終わりなのかあ〜残念だなあ〜」と思ってしまいました。

料理している人がシェフ一人、接客がおそらく奥様一人という体制なので、混雑する時間にはもしかすると待たされることもあるかもしれません。
ただ、私たちが行った時にはしばらく他のお客さんがいなかったので、シェフが作った出来立ての料理がどんどん出て来ました。

で、その調理音も聞こえるんだけど、「あ、今絶対チャーハン炒めてる!」みたいなのが音でも分かって、それがさらに美味しさを高めているような気もします。

まあとにかく、価格から想像する味よりワンランク上の味です。


接客:

主に接客担当は奥様(らしき方)ですが、悪くない感じかな?料理についての説明もきちんとして下さいますし、お皿もどんどん下げて下さいます。
一時期少しだけテーブルの上に食事が溜まってしまったけど、まあ出来てしまってる料理を持って来られないのも嫌だし、いいかなと。


お店の雰囲気:

お店はこじんまりとしており、2人掛けのテーブルが合計8個くらいかな?4名だとおそらくそれをくっつけて対応すると思います。
雰囲気はちょこちょこ中華っぽいものがセンスよく飾られており、悪くないです。

ただちょっと気になるのが、窓の汚れ、ブラインドの油汚れ、そして床のベタベタ感(姑か私は)。
一時期飲食店の社員やってた身としては、日々の営業だけでいっぱいいっぱいになるのも分かりますが、そういう細かいところを綺麗にするのが大変だからこそ、そこを頑張って欲しい!
食事内容のコストパフォーマンスについてはかなりの評価をしているだけに、もう許されるなら掃除して帰りたいくらいでした。


その他:

予約して行く場合、「変更・キャンセルは前日までに」ということです。当日キャンセルはキャンセル料がかかるそう。

アクセスですが、南から行くには分離帯があるため右折でお店に入ることができず、少し遠回りする必要があります。あと、駐車場はお店の方の車含め計4台停められますが、若干狭めで停めづらいかも。

食事の量は、少なくともランチに関してはそこまで多くはありません。
女性でお腹いっぱい、男性だと少し物足りないくらいかも。



中国料理 鴛鴦:まとめ



まあとにかく、食事内容に対するコストパフォーマンスがすごいお店でした。

旦那も会計の時に「あれ、2人で3,200円しかしないのか」と思ったとのこと。どうも「1人2,000円くらいはするような気がした」らしいです。

ちょっと床がベタベタはするものの、この内容をこの近場で、この価格で食べられるお店はなかなかない気がするので、チェックしておきたいお店だと感じました。



で、3店のどのお店にしたのかと言うと…



3店食べ終わった時点で、

同率1位:中国料理 鴛鴦・ビッグジョー富田林店
3位:川田屋

このような感じでした。

ですが今回の目的、父親の接待ということを考えると、

・家から近い。
・あんま胃もたれしなさそう。
・コース料理を頼めばいいので楽。

このあたりから、今回は「中国料理 鴛鴦」に決定!!
(決定ったってまだ予約してないけど…)

ディナーでおいしい料理をたくさん食べられるのが楽しみです♪



ではでは、全3回のシリーズもの、ご愛読ありがとうございました。

引き続きいろいろな記事をアップして行きたいと思います。


ではでは