日々紹介(旧日雇派遣)のフルキャストで実際にいくつかの仕事を経験した感想と上手い使い方など。

皆さんこんにちは。


私の近況。

今は少し落ち着いてきたのですが、ちょいと体に異常が出てまして、
改めて、健康に(多分)生きていられることの素晴らしさ、幸せを心から感じた!

あんま無理しすぎず、ストレスを溜めず生活して行きたいと思います。


さて、今回はここのところお世話になっている「フルキャスト」さんについて、感想や、どのように利用するのが使いやすいと感じるかを書いて行きたいと思います。



「フルキャスト」とは。


さて、まず「フルキャスト」さんとはどのような会社なのかについて。


フルキャスト(FULLCAST)|人材紹介・人材派遣会社


こちら、「人材紹介・人材派遣会社」とのことですが、サイトに『短期人材サービス業界No.1』とあるように、短期、というか日雇い派遣を得意とする会社のように思います。

日雇い派遣と言うのは、文字通り一日単位で派遣される労働契約ね。

これ、こういう労働形態を経験したことない人だと「なんか恐ろしそうな労働形態…」とか思うのかもしれませんが(知らんけど)、私はなかなか便利なシステムだと思っています。


例えば「仕事やってるけどちょっと給料少ないし、週末ついでに働きたいな〜」とか、ちょちょいとお金を稼ぐのにとても便利なの。
その意味では単発バイトと同じなんだけど、違いは「面接がない」こと。


これめちゃめちゃデカくて、単発バイトとか入れたい立場の人間としては、面接のために交通費かけるのも、履歴書書くのも、証明写真代かかるのも、本当勿体無いのね。

でもこの労働形態だと、働きたい仕事があったら応募して、採用されれば即働けちゃう。
めっちゃ便利なのです。



「日雇派遣の原則禁止」に対する憤り。


ところで、ここまで「日雇い派遣」と書いてきましたが、現在は「日雇い派遣」ではなく『日々紹介』と呼ばれるシステムで仕事が割り振られています。

これは何かと言うと……。


まず。ちょっと今から私怒るんですけどね、まずはこの話を聞いてくださいね。


平成24年10月1日から施行された改正労働者派遣法で、日雇派遣は原則禁止になりました。
しかし下記の例外に該当する場合は日雇派遣で働くことが出来ます。

・60歳以上の方
・雇用保険の適用を受けない学生
年収500万円以上の方で副業として日雇派遣に従事する方
・世帯年収の額が500万円以上の主たる生計者以外の方



つまり、ざっくり言うと『(世帯)年収500万円未満の人は日雇派遣で働けない』ということです。




は?

なんでやねん。






年収500万円以上の人なら日雇い派遣で仕事が不安定でも問題ないからってこの金額を設定したらしいですが、



年収500万円以上の人が日々の生活に困って日雇いバイトする必要あるの???日雇いバイトは余暇か趣味程度でやるという風潮なの??


いやいや、あなた誰もが安定した雇用(正社員で終身雇用)を求めてるわけじゃないでしょうよ…。

例えば私が昔就業した例で言えば、転職をする際、前の職場を辞めてから次の職場に勤め出すまでの間にちょこっと稼ぐとか、

他にも例えば自営で仕事を始めたものの、収入がまだ少ないので空いている日に仕事を入れて稼ぎたいとか、

働きながら学校に通っている学生だけど、長期休暇に入ったのでもう少しだけ働きたいとか、

結婚した女性が、妊娠の可能性を考えて、出来るだけ周囲に迷惑をかけない形で働けるときに働きたいとか…。


いくらでもそういう「少しだけ働きたい需要」があることは想像できるでしょうが!!
そこで働きたい人間と働いて欲しい会社とをマッチングさせないとか一体あんたら何やってるの?



この点についてはほんと、誰かに訴えて行きたいですね。ほんと、アホなんかと。思っています。



さて、私の憤りは置いておきまして(まあこの記事内で一番伝えたい内容かもしれませんが)、「日雇派遣」が「日々紹介」というシステムに変わったという点について。

つまり、「日雇派遣」は原則禁止になってしまったので「派遣」は出来ないですが、「毎日、人材を紹介してあげているだけですよ。労働形態としては派遣ではなく、紹介先との直接雇用契約ですよ」という体で、実質の日雇派遣を行っていると言うことです。

その都度紹介しているので「日々紹介」ですね。


なのでこちらのフルキャストさんなどでは、実質、派遣法改正前と変わらず働くことは出来ています。


じゃあ別に派遣法改正問題なかったじゃん。良かったじゃん。…と思った?
違うんですよ。



フルキャストさんは主に、誰でもできる工場内作業などの募集を行っています。なのでそういった仕事については問題ないのですが、


例えばこの時期、かなり高時給の年末調整の仕事などが募集されている訳ですよ。
私、昔会計事務所で勤務していたので、年末調整とか得意分野な訳ですよ。


ところがそういった派遣は、日々紹介の会社ではなく「派遣会社」によって募集されており、(世帯)年収500万円未満の場合は応募することができないのです…。


はあー?!と思うよね。下手したら時給倍くらい違うのに、応募することも出来ない訳ですよ。

少しでも稼ぎたいと思っていて、企業も人材を募集してくれているのにどうして働くことが出来ないのか。
「日々紹介」ではない短期の派遣のお仕事は今でもたくさんあります。

働きたいのに働けない、働けるのは生活に余裕のある人だけ、どうしてこんな状況になっているんだ。
個人的にはこんな意味不明の年収条件はさっさと撤廃してもらいたいです。



フルキャストのざっくりとした感想。


さて、話が思いっきり逸れました。フルキャストさんの話に戻ります。


私としては、主な収入は旦那に稼いでもらいつつ、ぷち自営業の合間に、運動も兼ねてバイトをちょこちょこ入れている状況です。


で、この状況でフルキャストさんで働くことがどうかと言うと…。


めっちゃ働きやすいです。


まず、私の場合はぷち自営業、デザインの仕事が優先です。
なので、デザインの仕事が入っている場合は別の仕事をやりたくない訳ですが、

フルキャストさんの場合、前日にでも仕事を入れることができるので、空いた時間に効率良く稼ぐことができます。
(ただし人気の仕事は前日には残っていない場合がありますが)


それから、私は自営の仕事がほぼパソコンを叩く仕事なので、しばらくパソコンとばかり向き合っていると、どうしても体を動かしたくなってくるんですね。

フルキャストさんは肉体労働系の仕事が多いので、この点も個人的には気に入っています。
職場にもよりますが、適度に体を動かせる〜筋肉使い過ぎでプルプル震えてくる、くらいの運動が可能です。
(車で帰ろうとしてハンドルまで腕が上がらないくらいプルプルしたこともあった)


そしてこれは女性ならではだけど…

生理の時期を外せる。

これ、大きい。

私は生理の数日前から体調が悪くなり当日に至るタイプですが、この時期は大体目星がつくので、それ以外の時期に仕事を多めに入れて、この時期は休んじゃいます。

これは普通に勤めていたら(社員でもバイトでも)なかなか出来ることではないので、助かってます。


あとは、いろんな人と会ったり、見知らぬ職場を経験したり、割合ふらふらするのが好きな私には性格的にも合ってると言えるし、
普通のバイトだとありがちな「この日追加で入れない?!」とか頼まれることもないし。
気軽に働けてとても良いです。



仕事の内容について。


一言で言うと、


ピンキリです。



とにかく職場によるので、いろんな職場に行ってみることをおすすめします。


「うわあ、この仕事内容でこの時給!神か!また募集があったら行こう!!」
と思えるのもあれば、


「意味不明の早い集合時間に、ハードな仕事内容、狭い休憩所、もう二度と行かない…」
と思ったものもあります。

意味不明の早い集合時間について、

募集内容には集合時間は書いてなくて、就業が決まったら電話下さいって書いてるから電話したら、突然「40分前には来てください」と言われたのさ。
で、しゃーないから行ったら結局20分ほど誰も来ずひたすら待たされて、一体あれは何だったのかと。

正直集合時間が早すぎるものは、実質時給がかなり低くなっちゃうから選択肢から外れてしまうよな〜。


ただ、条件の良い仕事(職場の雰囲気が良い、交通費支給、高時給など)はやはり人気で、応募が殺到しちゃうので、毎回必ず入れるとは限りません。

私が気に入ってリピートしてる職場も、1/2くらいの確率でしか入れない。
まあなので、いろんな職場に一旦行ってみて、選択肢をたくさん持っておくのが良いかな〜。

「ここだけは絶対に行きたくないけど、ここならまあいいかな〜」みたいな感じで。
でもそうやって複数応募しておいても全く入れないこともあるので、どうしてもこの日に収入が必要!!って人には向かないかもしれない。
ある程度お金に余裕がないと、焦って最後まで残ってる条件の悪い仕事に応募してしまう気がする。


アレやで、工場などの仕事で多いライン作業、ベルトコンベアの動くスピードも、各職場、各部署によって全然違うからね。
一度ライン作業をして「こんなんキツ過ぎる、ついていかれへん」って辞めてしまうのは勿体無い。別の職場ならラクラクできる仕事かもしれないからね〜。


あと前提として、「ある程度仕事がキツいのは当たり前」「派遣(紹介だが)に対する扱いは冷たくて当たり前」くらいに思っていた方が良いです。
まあそこは、その日限りの人材だし、労働だし、ね?

そう思っているとたまに派遣に対して優しい会社に対して感動することができるようになります(^-^)



仕事が常にあるのかについて。


当方、大阪府河内長野市在住、家から車なら40分、電車なら1時間圏内くらいで仕事を探していますが、


仕事が全く無いと言う状況にはなったことはない。


前日だろうが何だろうが、いくつかの仕事は絶対にあります。


まあただ、条件の良い仕事が残っているかどうかは分からないけど…。


なので贅沢さえ言わなければ、何らかの仕事はできる可能性が高いです。しんどい仕事かもしれないけど…。



フルキャストの社員さんの対応について。


ネット上で「フルキャストの社員さんの対応が良くない」などの口コミを見かけることがありますが、


うーん、

確かに登録時に、二度手間と言うか、初めの社員さんに間違った指示を頂いて、もう一度電話をして別の方に指示を仰いで作業をやり直す、という事件はありました。


まあでも、それ以外に、あんま社員さんと接することがないのよね。


たまに「○○のお仕事入れますか?」と電話はかかってきます。入れるなら入れる、入れないなら入れないと言うだけです。
あとは基本、キャストポータルっていうWebサイトで全部終わっちゃうので、特に関わりがないと言うか。
対応は良くないのかもしれませんが、普通に応募して普通に働いている分には特に支障がないという感じでしょうか?



サイトの使いやすさ。


で、今言った「キャストポータル」というやつ、


アルバイト・バイト探しならフルキャスト


ここから、仕事の検索、応募、各種報告などするわけですが、

まずまず使いやすいかな?


地域・日付・条件などで絞って検索でき、地域についてはしばらくはその条件が残っているので検索しやすいです。

で、やりたい仕事があれば「応募する」ボタンをクリック、あとは採用されるのを待つだけです。


就業先の会社にもよりますが、サイトにかなり詳しく、仕事内容や条件、服装、持ち物など書いてあるので(ログインするとログイン前よりかなり詳しい情報が見られます)、仕事に行く時に悩むこともあまりありません。

私の場合、車通勤の場合の駐車場の場所が書いていないことが多かったのですが、その時はぱぱっと就業先に電話して聞いています。それで特に問題もありません。


とりあえず暇なときはこの「キャストポータル」を見て気軽に仕事探しができるので、便利ではあります。



私の中での仕事選びのポイントなどなど。


さて、ちょこちょこフルキャストで働いてきて感じた、自分なりのポイントをまとめます。

直前に募集が始まる仕事は面白いものが多い。

常に募集が出ている就業先で、人気のある職場は、早いうちに応募していないと入ることができなくなるのですが、

たま〜〜に、普段見ることの無い求人が、就業日の直前くらいに募集を開始することがあります。


これが、普段見ることが無いからって理由でも面白いんだけど、直前のせいか時給が高かったりもするし、なかなか行けない職場、なかなか体験できない仕事だったりもして、個人的には面白いです。


なので、「前日だから良い仕事残っていないだろうなあ」と思うのではなく、ちょこちょこサイトを見てるのが大事かなあ。

電話で紹介されるお仕事は行きたくなければ断る。

たまにフルキャストのほうから「こちらのお仕事入れませんか?」と電話がかかってくるわけですが、

直接だと断りにくい雰囲気もありますが、自分が行きたいと思えない仕事だったら遠慮なく断ってしまいましょう。

もしかするとそれで以降、行きたい仕事に入れてもらえなくなる可能性もあるかもしれませんが、でも頼まれたからってやりたくない仕事をやってもテンション下がってしまうしねえ。

こんな職場が神職場。


・仕事の内容に対して時給が高い

まあ大抵の仕事はそんなに楽ではないので、時給は高ければ高いほど良いです。
時給が高ければ、多少辛い仕事でも我慢できます。

・鍵のかかるロッカーがある

派遣で行く職場は、大抵荷物の置き場がありません。そこで正規で働いている人にはロッカーが与えられても、派遣は「そこらへんに置いておいて」が多い。
貴重品は身に付けておくにしても、貴重品以外だって盗まれたくはない…。
そんなとき、派遣1人1人に鍵のかかるロッカーを貸してくれるとめっちゃ嬉しいです。「良い職場!」と思えちゃう。

・清潔感がある

工場内の作業が多いフルキャストですが、工場ったってピンキリです。
もういろんなものが散らばっていて整頓されておらず、建物もなんか古くて地震でも来たら崩れそう…ってところよりは、
綺麗に整頓されていて掃除も行き届いているところのほうが、働いていて快適です。

・交通費支給

派遣は基本交通費が支給されないことが多いので、交通費の分給料が削られて行くことが多いのですが、
交通費が全額でなくとも、多少支給されるだけで有り難いです。
ただし、金額が妙に少なく「これじゃ交通費の足しにもならんわ」ってこともあるので、金額も要確認。

・当日現金支給

「今すぐお金が欲しい!」って人には勿論良いのは当たり前なんだけど、
「ちゃんと給与振り込まれてるかな〜」って余計なことを考えなくても良いので、そういう意味でも当日現金支給が楽。

・派遣に対して優しい

これ、ほんと職場によるのだけど、この点が優れている会社ってのはほんと凄い。
派遣なんて『ハイやることやってさっさと帰ってね〜』みたいな扱いも多い中、
「この仕事大変やろ、後少しやから頑張ってな」
こんなん言ってくれた社員さんいたんだけど、そういう一言が大きい!良い会社だなって思えるし、また働きたいって思える!
人手が足らない会社さん、そういう一言の積み重ねで人は集まりますよ〜〜マジで!

こんなものを揃えておくと便利。

よく持ち物、服装などで指定されるものですが、

・黒ズボン

これは持っていて損は無いかな。
ジーンズ禁止の軽作業から、接客系の仕事、チラシ配りの仕事なんかでも使えます。
やや綺麗めのものにしておけばオールマイティに使えるので、一つはご用意を。

・エプロン

これ、仕分けなどの作業、引っ越し梱包バイトなど、たまに持ち物に入ってくる。
実は私、地味なエプロンを持っていなくて、早く購入したいところなんだけど、これがあれば入れる仕事ってのもあるので持っていても良いと思う。

貴重品や荷物について。

貴重品、まあ一番良いのはポケットがたくさんある服を着ておいて、そこに入れておくことかな。
服装指定がなければカーゴパンツみたいなのが一番良いかも。

私はウエストポーチを持参することが多いんだけど、ウエストポーチを外せと言われる職場もあったし、付けていると微妙に作業の邪魔になったりすることもあるので、おすすめはしないかも。

なのでまあとにかく、財布も小さい小銭入れに移し替えるとかして、持ち物そのものを少なくすることかな。そしたらポケットにも入りやすいし。
身に付けていないものは盗難に遭う可能性もあると考えて、バッグすら持って行かず、貴重品以外のものはナイロン袋に入れて持参することもあります。

ロッカーが貸与される職場がベストだけど、そういう職場はほとんど無いと考えたほうが良いと思う。



まとめ。


フルキャストでの日々紹介を利用した働き方は、いつでも希望の仕事に入れる訳ではないし、条件の悪いものしか残っていないこともあるので、生活資金の全てを稼ぐにはおすすめしませんが、
副業として、急にお金が必要なとき、たまーにゆるーくお金を稼ぎたいときなど、状況に合う場合にはとても使いやすいシステムだと感じました。

個人的には妊活中の奥様方などにもおすすめしたい。自分が働く日を自分で決められ、働きたい日の直前に仕事を入れることもでき、妊娠して働けなくなったとしても誰にも迷惑をかけない!なかなか良いシステムです。

興味がある方は簡単にWebで登録もできるので、一度登録してサクッと働いてみてはいかがでしょう。


ではでは