堺東の駅前商店街にある立ち飲み屋「平野屋精肉店」で飲み食いしてきた感想。

皆さんこんにちは。


昨日や一昨日は夏に戻ったかのような暑さでしたね〜。

今日も日差しが結構強かったので、洗濯物をたくさん干してほくほくしています。
暑過ぎるのは嫌だけど、洗濯物はよく乾く。


…というわけで、何の脈絡もありませんが、今回は、堺東の駅前商店街にある立ち飲み屋「平野屋精肉店」で飲み食いしてきた件について書いて行きたいと思います。



お店に行くきっかけ。


まあこれ、お店に行ったのも少し前の話になるのですが、


きっかけ、何だったかな。

おそらく、うちの旦那、肉類とか揚げ物とか大好きなので、何かいいお店ないかな〜と探してたときに「あら!美味しそう!」と見つけたことですかね。

我が家、私のヘルシー志向によりなかなか旦那を満足させるほどの肉類が供給できていないと自覚しているので、たまには好物を食べさせてあげないと。


で、旦那に「この店どうかな」と声をかけたところ、予想通りかなりノリノリな反応。
まあ焼肉大好き、唐揚げ・とんかつ・ミンチカツ・コロッケ何でも大好きな旦那が嫌と言うはずはないのです。

それに立ち飲みだから価格もお手頃だしね!!


価格大事。価格。マジで。


そんなわけで、南海高野線堺東駅からすぐ近くということもありまして、公共交通機関にてお店に行くことに。

旦那は仕事帰りに、私は街中に買い物に出掛けた帰りに、堺東駅に集合してお店に伺ってみました。



「平野屋精肉店」と周囲の様子。


お店、パッと見公式サイトは見当たらないので、食べログページのっけておきます。


平野屋精肉店 – 堺東/焼肉 [食べログ]



堺東って、よく行くかと言われるとあんま行かない場所なんだけど、
(電車乗って買い物に行くのにわざわざ堺東で下車するかと言うと、やっぱなんばまで行ったほうが色々お店あるし…)

まあそれでも数回は降りたことあるかな。
でも今回訪れる、平野屋精肉店さんのある飲み屋さん区域は、入るの初めてでした。


いや〜たまらんねぇ、この雰囲気。


私、立ち飲み屋さん好きなんです。

お店そのものも安いしお客さん同士で距離感近いし好きなんだけど、ほっそい路地に立ち飲み屋さんとか並んでるの、たまらん!!

細い路地だけでもウキウキしますが、立ち飲み屋さんがあることで、なんかこう、何かありそうというか、なんやろな、文化の掃き溜め的な?多少こう、退廃的な?

そんな空気が大好きです!!


ハイ、話が脱線しましたがつまり、このあたり、立ち飲み屋さんがめっちゃ集中してるの。

しかもまた雰囲気が、こう、ちょっと古びていて暗い感じがあって良いというか…。


参考:Googleマップ


まあとにかく雰囲気が良過ぎて、特にそのつもりでもなかった私たちですら「ハシゴするべきか?」と惑わされそうになりました。結局行ってないけど。

これは酒飲みにとっては聖地的な場所なんでしょうな〜。



食事内容を写真で紹介。


さて、堺東駅からちょこっと歩いてお店の前に辿り着きます。


平野屋精肉店外観

ここですよ


メニュー看板

お店の前に置かれている看板にメニューの一部が書かれています。


お店はほぼ満員っぽかったけど、ちょうど焼き鳥とか焼いてる場所の前の狭いスペースが空いていたのでそちらへ。

あっ、メニューとか撮ってねえや。

まあそんなわけで、食べたものの写真を載せて行きますね。



厚切りタン

こちら、厚切りタン、380円(価格は全て税込)。
分厚いタンが好きな私チョイス。

味は結構美味しいのだけど、レモンと比較して分かるように小さめではある。
まあ安いものではないだろうし仕方ないのか。


ささみ造り

こちら、ささみ造り、380円。私チョイス。

ふむふむ、なかなか美味しい。


メンチカツ

こちらはメンチカツ、200円。揚げ物大好き旦那チョイス。
これはなかなかジューシーで美味しかったです。200円は割安感がある。


ハツ・ズリ

こちらは私チョイスの鶏のハツとズリ。どちらも150円。これ両方好きなのよね〜。

このハツが私としてはかなり美味しかった。
左側2本がハツだと思うんだけど、左端のが何だか今一分かってないんだけど、何やろ、ハツの中身?何か知らんけど美味しいです。
次回行っても頼むだろうメニューだな。


焼鳥丼

こちらは焼鳥丼、380円。とりあえず買い物疲れでお腹が空いていた私がご飯ものとして注文。
どうでもいいが買い物で歩き回った後の立ち飲みは足にくるわ…(だるくても気合いで立ち飲み!)

んで味だけど、焼き鳥も美味しいしご飯も美味しいんだけど、ご飯にかかってるタレがかなり甘めなのと、タレの量が多めでご飯粒がタレに泳いでる感じになっていて、その点がちょっと好みに合わなかったか。
量は飲み屋の〆の一品らしく、少量です。これでお腹いっぱいにはならないな。まあ安いからいいけど。


とんかつ

こちら、とんかつ、350円。揚げ物大好き旦那チョイス。
お値段安いし文句言うところでもないんだろうが、厚さが薄めではある。


しまちょう

旦那チョイス、しまちょう、100円。

私からすると(よーこんな脂の塊みたいなもん食べれるな)って感じなんだが、旦那好きなのよね〜これ。
味はなんだっけ?普通に美味しかったんちゃうかな?


牛バラ・赤せん・ミノ・ツラミ

旦那チョイス、多分左から、牛バラ・赤せん・ミノ・ツラミ。全て1本150円。
味は、普通に美味しかったんちゃうか?たぶん。


トマトマソーダ割り

お酒だけど、とりあえず、

・ノンアルコールビール
・シードル
・野菜ジュースのお酒みたいなやつ
・トマトマというトマトのお酒

を頂いた。上の写真は「トマトマ」のソーダ割り。それぞれ400円前後だったと思う。で、会計は合計4,340円。

ちなみにお酒については少し薄めに感じたかな?
アルコールの苦手な私たちには飲みやすかったので結果としては良かったんだけど。



感想。


さて、お店についての感想をまとめます。

味について。

味は、「キャー何コレ超絶美味い!!」ってほどではないにしろ、「おお、なかなか美味いやん」くらいの基準は全てクリアしてると思います。
個人的には上にも書いたけどハツが美味かったな。理由は良く分からん。単にハツが食べたい気分だったのかも。

そこらへんの居酒屋とかよりは美味しいお肉が食べられるので、良いんじゃないかな?

値段、コスパについて。

ひとつひとつの商品の値段は安いんだが、ポーションが小さいので、そこまで割安感は感じない。
立ち飲みであること、お肉が結構美味しいこと、そこらへんを全て考慮して「まあまあ安いし気軽に行けるね〜」くらいのコストパフォーマンスかなあ。
安い方だとは思うんだけど、「激安!!これは絶対行かねば!!」ってほどでもないよね。
まあ立ち飲み価格ではあるので、そういう意味では安い。

お店の雰囲気等について。

接客は、お客さんにあまりベタベタしない感じで、人によっては素っ気ないと映るんだろうけど、これはこれで良かった。
余りにも常連さんとかとべったりされてると(私たちお邪魔かしら?)とか思っちゃうもんね。

ただ、私たち、隣に居たお客さんがフレンドリーでちょっと盛り上がってしばらく話してたんだけど、いや確かにもうちょいお酒頼もうかとは思っては居たんだけど、なんかこう、(もっと酒飲め金落とせ!)的なオーラをまとって「お酒のお代わりいかがですか」と数回来たのがあんまり好きではなかった。

まあ立ち飲みだし「回転率を下げるなら酒を飲め」の気持ちは分かるんだけどさあ…いや分かってるし頼むけどさあ…。

まあ結論、長居せずさっと飲んでさっと食べてさっと去れ、ということなんでしょうね。お店の使い方としてもそれが正解な場所なんでしょう。

まあしかし個人的には、もう少し金額が上がっても良いから、お客様へのサービスが充実しているお店の方が好みではある。



まとめ。


堺東の駅前商店街にある「平野屋精肉店」さんは、駅前にあって立ち寄り易く、美味しいお肉が気軽に食べられるお店で良かった。
コスパも良い方だとは思います。

まあただ長居する雰囲気でもないので、今後来るとしたら先にちょっと腹ごしらえして、〆としてこちらのお店で軽くつまむのが良いのかなあと思ったり。
まあもしくは、周囲にもいろいろ立ち飲み屋がありますし、はしご酒で巡るのが正解のお店なのかもしれません。

今後堺東に行くことがあれば、寄るかな?寄らないかな?

そんな感じのお店でした。


ではでは